サイト内共通メニューはここまでです

[本文はここから]

ORIS FLEX PACK//WEB

パッケージ用プルーフ&モックアップ作成のための革新的ソリューション!

待望のパッケージ用プルーフ&モックアップシステムがいよいよ登場です。 ORIS FLEX PACK//WEBは、デザインエージェント様からコンバータ様まで、パッケージ制作にかかわる全ての方に理想的なソリューションです。ORIS FLEX PACK//WEB用に準備されているORISスペシャルメディアは、モックアップの作成やプルーフィング作成に新たな可能性と柔軟性をもたらします。U.S.で特許取得済みのORIS 4Dカラーマネージメントをコア技術に搭載しているORIS FLEX PACK//WEBは、正確な色再現を最短時間で実現します。

動画 / MOVIE

  • モックアップ作成 -スポットニス&エンボス効果-
  • モックアップ作成 -転写フィルムを使用したメタル缶作成-
  • モックアップ作成 -シュリンクフィルムを使用したペットボトル作成-

ORIS FLEX PACK//WEBソフトウェア

 コマーシャルプリント業界のデジタルプルーフィングでデファクトスタンダード(標準システム)であるORIS Color Tuner//Webの機能を引き継ぐORIS FLEX PACK//WEBソフトウェアは、ユニークなウエブベースのハードプルーフとソフトプルーフを融合したハイブリッドなパッケージプルーフ用ソフトウェアです。カラーマネージメントエンジンには、U.S.特許取得のフィードバック方式を搭載し、かつ、Roland VersaCAMM VSシリーズプリンタ用にカスタマイズされた機能を追加し、パッケージモックアップやプルーフに必要なドットプルーフや連続階調プルーフ出力を快適にご使用できるようにデザインされています。プリンタが持つ全ての機能、例えば、マルチパス‐プリントやカッティング機能は全てサポートされています。また、パッケージに必須のスポットカラーの再現も、独自のスポットカラーテーブル(SCGX)を作成し、刷り順やインクの透明度を考慮したオーバープリントのシミュレーションや中間調の再現も細かく調整できます。
 登録されたスポットカラーをどの分版に割り当ててシミュレーションするかは、新しく追加された「ジョブエディター」で出力前に簡単に変更・割り当てできるため、デザイナーはスポットカラー名を気にすることなくデータ作成が可能になります。

Roland VersaCAMM VSi & SolJet PRO4 XRシリーズ

Roland D.G.社の革新的なECOソルベントプリンタは、30インチから60インチまでのサイズが用意されています。インクセットは、標準のC,M,Y,K,Lc,Lmに加えホワイト及びメタリックが追加されており、パッケージ用に開発されたXGインク**のセットC,M,Y,K,オレンジ,グリーンと使用することで、パッケージに使用される多くのスポットカラー(メタリック色を含む)をシミュレートすることが可能になります。また、パッケージに使用される質感により近いイメージの専用メディアを使用することで、高品質のプルーフやモックアップの作成が可能になります。
**CGSが供給

ORIS CxF Tools との連動による高精度な特色シミュレーション

ORIS Flex Pack//Web は、CxF/X4の特色情報を含んだPDF/X4のRIP処理に対応しています。
パッケージ印刷にとって非常に重要なブランドカラーの色情報をORIS CxF Toolboxで登録及び
PDF/X4に埋め込み ORIS Flex Pack//Web に搭載された特色CMSエンジンで処理を行う事で
特色のオーバープリント再現の精度を大幅に向上させることが可能になります。

ORISメディアトランスファー用紙(転写紙)

ORISメディアトランスファー用紙(転写紙)は、オリジナルメディアでパッケージのモックアップやプルーフ作成する場合に非常に有効です。ORISメディアトランスファー用紙は、通常のホットラミネーターを使用して、低温で多くのオリジナリティメディアに転写可能なソルベント用メディアです。転写されるインク受像層は、数ミクロンの厚さでニュートラルカラーなので、ほとんど転写を感じさせません。プリント方法は、転写紙のインク受像層をオリジナルメディアに転写紙プリンタでプリントする方法と、逆に、転写紙にミラー反転でプリントしオリジナルメディアに転写する方法があります。後者の方法は、特に、柔らかいメディアや薄いメディアやアルミニウムや段ボールなどのプリンタで直接プリントできないオリジナルメディアに有効です。
また、専用のORISエンボスシートを使用することで表面をマット調に仕上げる事も可能です。

ORISシュリンクフィルム

ORIS Flex Pack//Web 専用に開発した「ORIS シュリンクフィルム」は、実際の印刷で使用されるシュリンクフィルムをベース機材として採用。この機材にXGインク用に最適化されたコーティングを施した専用メディアです。ペットボトルのシュリンクモックアップ作成時のシュリンク追随性能に優れており細かい形状への対応が可能になります。
ORIS Flex Pack//Web とXGインクによる高精度特色カラーマネージメントを施したジョブデータをORIS シュリンクフィルムにプリント及びシュリンクさせる事で最終印刷カラーに近似したイメージのモックアップ作成が可能になります。

クリアインク搭載のUVインクジェットとの連携したモックアップ作成を可能に!

「Roland LEF-20」のクリアインクを組み合わせることで高級嗜好品のパッケージで使用されるグロスやマット及びエンボス等のニス印刷のイメージをモックアップ作成時に再現出来ます。
「ORIS FLEX PACK // WEB + Roland VS-300i with CGS XG inks」にて高精度特色印刷イメージを転写フィルムにプリントを行い印刷媒体に転写、CGS社オリジナルの専用パンチャーにてパンチ加工を行いCGS社オリジナル専用ピンバーを搭載した「Roland LEF-20」にセットしてクリアインクを印字する事で正確な見当位置でピンポイントのクリアインク印字を行えます。

対応測定器

■x-rite社:i1Pro,i1iO,i1iSis,DTPシリーズetc...
■Barbieti社:Spectro Swing,LFP SP3
■Konicaminolta社:FD-5/FD-7,ColorScoutA+(XYテーブル)

推奨スペック

○推奨システム環境ーORIS Flex Pack//Web(サーバー側)-
■CPU:Intel Core i7以上
■メモリ:6.0GB以上のRAM
■HDD:500GB以上の空き領域
■通信ポート:USBポート×1(ドングル接続用)
■ネットワーク:100mbps
■光ストレージ:DVDマルチドライブ(ソフトウェアインストール用)
■対応OS: Microsoft Windows 7 Professional、Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 8.1、Microsoft Windows 2003 Server SP2以上、Microsoft Windows 2008 Server、Microsoft Windows Server2012
 ※Server OSの場合、各社プリンタドライバーの対応状況を確認する必要があります。
■関連プログラム:Microsoft Internet Explorer10.0以上、ORACLE Java Runtime Environment6.0Update10~33

○推奨システム環境ーWebブラウザ(クライアント側)-
■オペレーションシステム:Microsoft Windows 7 Professional、Microsoft Windows 8、Microsoft Windows 8.1、Apple Mac OS X
■Webブラウザ:Microsoft Internet Explorer9.0以上、Mozilla Firefox3以上、Opera Software ASA Opera9以上、Apple Safari3.2以上
■ソフトプルーフアプリケーション:Adobe Aceobat 8 Standard以上、ORIS Soft Proof Plug-in3.0以上
 ※Adobe Acrobat 8 Standardは、別途必要です。

対応プリンター

■ Roland社 溶剤インクジェットプリンタ (CGS XG-Ink搭載)
VersaCamm VS-300 / VS-420 / VS-540 / VS640
VersaCamm VS-300i / VS-540i / VS-640i
SolJet Pro4 XR-640

※ オプション追加にて「ORIS Color Tuner//Web」に対応している各プリンタの増設が可能

[ここからサイトナビゲーション]

[ここからサイトマップ]

  • Copyright © CGS Japan, inc. All Rights Reserved.