サイト内共通メニューはここまでです

[本文はここから]

ORISソフトウェアシリーズの Microsoft Windows10対応に関するご案内

平素は弊社ソフトウェアをご使用頂き誠に有難うございます。
ORISソフトウェアがインストールされているPCの基本ソフト(Windows OS)の更新についてご案内致します。

現在、ご使用いただいているPCの基本ソフト(以降OSと記述)が、Windows7もしくはWindows8.1、且つインターネット接続されている環境でWindows Update が自動更新設定されている場合に自動的にWindows10に更新されてしまうケース、もしくはWindows10への無償アップグレードを促す表示が常時現れているかと思われます。

ORIS ソフトウェアをWindows10でご使用になる場合は、それぞれのアプリケーションにてWindows10に対応したバージョンへ更新していただく必要がございます。
この更新に関してはソフトウェアのアップグレード費用が発生する場合がございます。

Windows10への更新をご希望のお客様は、現在ご使用いただいておりますORISソフトウェアのソフトウェアフリーアップグレード契約期間等を確認させていただきますので弊社WEBサイトのお問合せフォームからお問合せいただきますようお願い致します。

また、有償にてORISソフトウェアのアップグレードをご希望される場合は、弊社正規代理店様もしくは販売店様から諸費用の御見積をご提示させていただきます。

なお、期間限定(2016年7月31日までのご注文)にて「Windows10対応アップグレードキャンペーン(ソフトウェアのバージョンアップ標準価格から15% OFF)」を実施させていただきます。併せてご検討いただきますようよろしくお願い致します。

また、Windows10への更新を希望されないお客様は、自動更新されないようにする手順を別途ご案内させていただきます。
別途、手順書PDF(Windows UpdateによるWindows 10へのオンラインアップグレードをブロックする手順.pdf)をダウンロードして頂き記載されております内容をご確認いただき手順に沿ってPCの設定を実施していただきますようよろしくお願い致します。

既にWindows10に自動更新されてしまった場合は、Windows10未対応のORISソフトウェアは正常に動作いたしません。

この場合は、従来のOSバージョン(Windows7、Windows8.1)に復元していただく必要がございます。しかしながらOSは正常に復元されますがORISソフトウェアが正常に復元されないケースが報告されております。

また、ORISソフトウェアの再インストール及び再設定作業が必要になります。
必要な作業に関する諸費用等を含め別途ご相談いただきますようよろしくお願い致します。

関連ファイルのダウンロード

[ここからサイトナビゲーション]

[ここからサイトマップ]

  • Copyright © CGS Japan, inc. All Rights Reserved.